キャラの変化、なかなか面倒臭いです

本日は卒業3話の改稿版……も、上げられなくはなかったのですが、あんまり初っ端(復活したて)から飛ばすと後が詰まるんで今回はサウンドノベル情報と、格言02更新だけになってます^^;

サウンドノベルですが、現在はこんな感じです。

c0092143_14595119.jpg
BAD数は現在9。一見多そうですが今回はBADは24を軽く越えそうなんで……。まだ序盤の序盤です(汗)。

c0092143_150505.jpg
こちらなtips。誰の名前かわかっちゃいそうなのはキニシナイ! ちなみにtips6も一応完成してます(まだゲーム内ではゲットできないだけ)。

c0092143_1514493.jpg
本編は第一回放送が終了して少し後までです。 ちなみに秦野愛美の所属するアイドルユニット名が”four-mula(ドーミュラ)”から女神昇天(メガミスマッシュ)に変化してます。大した問題ではない!

ちなみに”知名度は県内を抜け出さない所謂ローカルアイドルレベル”になっててちょっと格が落ちてます。あまり大事にすると秦野を重要人物にせざるをえないんで^^;

設定を色々変えた関係で、小説版より扱いが相当よくなってる人、悪くなってる(出番減ってる人)がいたりします。こんな感じ↓

小説版より厚遇:
池尻亀一世良貴久時谷和馬櫛灘姫子長瀬千鶴

小説版より格落ち:
毛利正敏草薙圭介剣加奈子秦野愛美

キャラ及び登場シーンが大幅に変化してるけど厚遇か格落ちか不明
赤木雅彦栄口樹里愛紅羅香

こんな感じー。当然ながら桐山と江戸含む4大ジェノは前作をプレイ頂ければおわかり頂けますとおり、進行の都合で出番増えてます^^; 時谷さんと姫子は一応原作通りの展開なので、それに応じて最後の展開に必然性を設けるべく、過程でも虎次(姫子は唯愛)と大きく絡む感じに。

逆に草薙系の面子(秦野も草薙との絡みが軸でした)は総じて格下げに; つまり削る場所としてここが大きな犠牲になってます; 主に姫子厚遇の反動です(毛利は時谷さんの反動)^^;

赤木は概ね一緒ですが、行動の動機などが大幅変化。紅はそもそもスタンスがかなり変化しているので全編書き下ろし。唯愛の友人として紅に強く焦点を当ててるので他の友人が描写でわりくってます(特にあやめ。とはいえあやめ関係の話は人気高いので唯愛の友達云々はまた別としてきっちり収録してます><b)。樹里愛は世良が大幅にキャラ変化したのでその影響で。とはいえ格落ちはしておらず、でも厚遇かは微妙(原作でもそこそこ目立ちましたしね)。

明日は卒業改稿版第3話をアップ予定です>ω<b
[PR]
by wishstar1208 | 2011-01-21 15:21 | 檻鳩情報系
<< 卒業3、4話更新しました関係 最終改稿版卒業1、2話あとがき >>