天使たちの国境2ndシーズン 最終回後編

というわけで天使たちの国境、最終回後半参りましょう>ω・b 今回は例の原作のシーンからになりまする。

c0092143_0575053.jpg
野田「誰がやったのよ!! あたしたちを殺そうとしたのは一体誰!?」
最早見飽きた感すら漂う野田発狂シーン。さすがに野田が不憫になってくるな……。この人何気にキルスコア3位なのもあってこれだけ読んでる人には最凶生徒のイメージでしょうね。

内海「……落ち着いて。これは何かの間違いよ……」

c0092143_058034.jpg
野田「……間違い? 間違いじゃないわ……。味方のふりしてた奴が正体を現したのよ……」
谷沢「ええ、そうよね! でも、それってあなたの事かもよ?」
内海「はるか! やめてってば!」

ちなみに公式設定なのか、はるかの服装は第一シーズンと一緒でスカートの下にジャージ+ジャージを膝付近までめくってます。やっぱり左膝にはパンダのアップリケあるんですかね(今回だと膝下映ってるのは全部後姿なので確認できない)。て事はあれか、同性愛者なんでしょうね、これでも(まあ公式設定になっちゃったからね^^;)。

言い争いの中でテーブルの上の拳銃に目を遣るはるか。

松井「(はるか? 何を見て――!)」

c0092143_0581574.jpg
だめだ! 委員長はまだ大丈夫だけど――はるかがあれを手にしたら――はるかがあれを聡美に向けたら――

あれを――そうだ、あれを窓の外に投げ捨てたら……聡美はわかってくれるんじゃないだろうか


自分で跳ぶのさ。自分の意志で、適切な時に


c0092143_0582110.jpg
――あたし、今、跳ばなきゃならない!


c0092143_0583566.jpg
あれ――(傾く視界の中、呆然とする野田の姿)

そうか……そうだ。聡美はあたしが銃を掴んで撃つと思ったんだ。あたし……なんてバカなんだろう……。三村くん、あたし、失敗しちゃった。

――折角自分で跳んだのに(3サインをする三村の姿)

c0092143_0584464.jpg


バカだなあ――あたし(ガクッ)。


c0092143_0585496.jpg
回想。駅前のベンチに座る二人に一人の少年がやってくる。

少年「あのー、お邪魔します」
松井「?」
三村「はい?」
少年「ボク工芸高校写真部の芳野と言います。今、人物写真の勉強してまして、あのー、お二人いい感じなんで……モデルをお願いできないでしょうか」
松井「……」
三村「それ、展覧会とか出したりします? 万一上手く撮れた場合でもあくまで習作、校外には出さないっていうんなら構いません」
芳野「わかりました、約束します。校外には出しません」
松井「いいの?」
三村「いいさ。万一どこかに漏れても、俺と松井さんは今日たまたまここで会っただけだ。たまたま会ってモデルを頼まれたのさ。ただのハプニングだ」

芳野「あのー、実はもう一つお願いがありまして」
三村「なんでしょう?」
芳野「今回、被写体の方にはジャンプをしてもらう、っていうのをテーマにしてるんです。あのー、無理しない程度で結構ですんでシャッター押す時上に跳んでもらえますか?」
松井「あたしはいいよ(にこり)」
三村「それ28ミリですかね。だったらもうちょっと下がらないと無理ですよ」
芳野「ええ……けど……」
三村「俺、運動やってるんで。カメラもちょっと経験あります。絶対フレームから出ます」
芳野「ああ、はあ。わかりました」
てか三村がジャンプの高さ調整すればいいと思うんだけど(汗)

芳野「はい、じゃー、えーと、合図はどうしましょうか」
三村「じゃあ俺が出します。1・2・3・ダー!で」
松井「ダー*・_・*?」

三村「跳ぶぞ。松井さん、いいかい」
松井「うん」
三村「高く跳べ
松井「うん」

c0092143_059440.jpg
「1」

「2」

「3」

芳野「……おお!」

c0092143_0591444.jpg
松井もうちょっと高く跳べよ!

天使たちの国境 セカンドシーズン ”完”

感想は、前三話が把握できてない関係で単行本購入時に^^; 高見先生、小熊先生、お疲れ様でした! 第三シーズン、楽しみにお待ちしてます>ω・b
[PR]
by wishstar1208 | 2011-10-18 01:22 | 天使たちの国境
<< オリバト界も微妙に蘇生モード? 天使たちの国境2ndシーズン ... >>