オリバト界も微妙に蘇生モード?

【たわしねこ】
うーん、恐ろしい。犬好きすら痙攣させる恐ろしさです。何気に世話が非常に難しい種らしく、体が柔らかすぎてぐにゃぐにゃにゃらしいです。耳が折れてたり体がやわいのは実は先天的な疾患で、要は異常なわけですけど(歩行障害とかも早期に出る)、こんなに可愛いのに不憫や;w; 神様何とかしてあげてよ><

そいえば巷というか首都圏で有名なラーメン二郎、隣駅にもあるとの事を知って今更ですが行って参りました。開店前で並びは15人程度。子豚を頼んだのですが……たった100円増しであの量! 歌舞伎町では普通のを頼んだけど、豚重いわ! 豚は茹でただけというか味が薄いですが、スープにしずめるとしっかり味がつくのでノー問題。ていうか不覚にも一番大きな豚キレ含み、あと麺35%~40%くらい残ってしまった……;>ω<; 不味くはなかったけど残すの申し訳ないし、もう行かない事にします><; まあ、麺少な目で豚なしなら完食できるかもだけど……。

c0092143_0245436.jpg
自分が行ったのは中山店てとこですが、店内はかなり清潔でイイ感じでした。親父さんも優しい感じで好印象でした(それだけにあれだけ残したのが申し訳ない……)。あとにんにくが生微塵なんで非常に強烈です。食感がラーメンていうよりうどんやすいとんを食べているような感覚でした(太さだけの意味ではなく)。総合的に、歌舞伎町店より個人的には好きでございますん。

あ、上の写真は中山店のではないです^^; 写真撮るのさすがに躊躇われたんで(笑)。肉はもっと塊タイプで、野菜は写真のほうはマシてるんでしょう、実際はこれよりちょっと低い感じ(間違っても少ないとは言えないけど)。

オリバトサウンドノベル二作目”約束の橋”ですが、現在は小説版136話の場所まで進めました。赤木君のキャラが小説版とは全く異なる関係で、ここいらのシーンが大きく書き直しになっております。ただ、約束の橋は前作と比較してバトル相手として選べる生徒が非常に少ない関係でその一角となった”純正ジェノ・赤木君”は何気に終盤戦前半で助かる存在になりました^^; 前作の小澤とか磯垣みたいな使い勝手、というべきですかね。 前作と違って、遭遇させると厳しい(合流しちゃう)生徒が終盤でも非常に多いんで。

あとはやっぱり小説版では80話台で退場した紅羅香ちーが130話時点でなおも存命、しかも(ごにょごにょ)というのが大きな違いですね。まさかの生還ENDか、はたまた? そうなると代わりにあの人が退場する事になりそうな雰囲気見え見えですよね……。

次回の雑記からは各所の存命中or復活したオリバトさんを、多分OBRNのリスト順あたりで御紹介していければなーとか思ったりもしたりしたり。

サウンドノベル約束の橋 対応話数進行状況 136/160
[PR]
by wishstar1208 | 2011-10-22 00:17 | 檻鳩情報系
<< 檻鳩元気宣言 -arlive-01 天使たちの国境2ndシーズン ... >>