最終作”Graduation”に関しまして

c0092143_5185774.png
若丸さんの写ブログにあった遊戯王カードメーカー?で作ってみました^^; てか漢字間違えてるの途中で気付いたけど直した(ブラウザバック)ら最初からだと面倒なんでそんままやっちゃいましたよ! これって印刷とかしてカードに貼り付けたら遊べますね普通に(笑)。トガワさん絵だけにうちらの世代でいうヘッドカードにしてみたり(笑)。文章は遊戯王てかデュエル?でしたっけ。ルール知らないのでテキトー。

バトロワ、もう11年ですねー。自分は漫画版(総集編立ち読み)から入ったっていう側なんですけど、早い早い。MYサイトって閉鎖したサイトさんのバナーとかも全部残してあるんですけど(リンクさせて頂いてとこだけですが^^;)、「ああ、ここって閉鎖してからもうこんな経つんだ」って感じですよね。大概、閉鎖前に放置とかあるんで表記より大分前が最後の更新って場所もあるわけですし。

で、何より驚いたのが最終作書き始めてからもう五年経過してる(上に、完成してない;)という(汗)! これは本当に申し訳ないです。初作は元作品的なものがあったにせよ、111話を半年で仕上げたのに、最終作は五年かけて1/3~1/4って; まあ、その間に中編を二本完結はしてますけど(箱ロワBody&Soul)。

c0092143_5391741.jpg
完結といえば以前御紹介させて頂きましたMYサウンドノベル(一作目のゲーム版)の実況動画、半年以上かけて完結されてましたよ! 自分も鑑賞させて頂きましたけど、特に白石ラスボス展開時の戦闘ではえらい苦労されてた御様子で(あと脱出ルートと第三のラスボスルート)……本当にお疲れ様でした>< 興味ございます方はニコニコのタグ検索”ものかむ。”さんで検索して頂くと行けますかと。

それから、リンク3件追加+1件おつかれさまカテゴリに移動致しました。紫堂さんの場所もリンク先が消えてますが、こちらは403エラーなのでおつかれさまカテゴリ移動を保留中になっております^^; ていうか現役カテゴリ内にも数年前に放置(単にサイトが消えないだけ)って場所も多いんですけどね。そんなわけなので、色々存命サイト様を新しく入れてご縁を、みたいな(だったらリンク報告しろよ俺!)^^;  つか夜空君とことカイさんとこは今までリンクしてなかったのが不思議なくらいですね^^;

ちなみにMYサイトの使用リンクバナーって200×40ばかりなのですけど、そのサイズがないサイトさん、ど、どうしよう……。リンクしたい場所、他にもあるんだけどなあ(苦笑)。

さて、改稿しない主義の自分が2回だか3回だか改稿しているGraduationですが、原因はやっぱり設定の練り直しだったりします。かなりネタバレ(?)的な事も書いちゃってるので、そういうのだいじぶな人はどぞ。

初回稿:(26話くらいまで執筆後、改稿)
色々と詰め込んで色札ルールやら特別参加者を入れてましたね。色札がどういう影響を及ぼすかはぶっつけ本番というかやっつけ本番で決める予定でした^^; 特別参加者こと"決戦兵器"は、動物を操る試作機械(頭に装着する)をつけた生物(後々人工マリスに装着させる予定)。

開始24時間時に”丙”こと自爆装置をつけたネズミ(泪と交戦して早々に退場)、開始36時間後に”乙”こと同様の犬(犬を飼ってる早田と絡んだ後に……どうなるんだっけ?;)。最後の”甲”は開始48時間後に放たれる熊で、脱出側に転じた玲次を含む涼風達の最後の障害になる予定でした。

第一回改稿:(51話くらいまで執筆後、改稿)
ちょっと色札が複雑な事もあって簡易化させました。決戦兵器は”乙”のみ犬ではなく、無機質な少女(でもゲームに乗りたくはない)に変更。この稿から桐山家のメイドがクラスに紛れている事になってまして、つまり矢切が”その他の生徒”から”主要キャラの一角”に変更されてます。

それから、現在も第2話に書かれてる次期総統とされている”かの方”の名前が登場。初回稿で書かれてる装置を開発したのは政府の若い女性で、これが玲次の実母(まあ玲次は試験官ベビーなんですけどね;)だったり、そういった変更も。

第二回改稿:(11話・以下同上)
悩んだ末に、やはりシンプルなところを追い求めよう、という事になりました。一、二作目と違って三作目は特殊ルール使ったけど上手く活かせませんでしたしね。ていうかそもそも特殊ルールってのはぶっつけで書いていくべき設定じゃないんでしょうね^^;

これにより決戦兵器も色札ルールも思い切って終了。ここいらやるなら三部作最終作後に中編くらいので書きますか^^; プロットもある程度煮詰めてましたけど今見たら「何で自分、こんな風にしてるんだ?」ってのもあったりで;

ちなみに千秋が涼風の彼氏ではなく幼馴染になったのもこの稿から。できるだけ主要キャラをきっちり立てたい、焦点を当てたいので、あんまり意味のない設定(涼風彼氏持ちってのがあんまストーリーに影響がないと思った)は省きたい、と。むしろ脱出関係の三咲兄弟と縁作りたいんですよね、涼風が、といわないまでも、準主役あたり(瑞樹、村瀬あたり)と……。

第三回改稿:
というわけで今、ここです>ω<; ↑ここまでバラしちゃってる事から、いかに(上でバラした付近は)設定が大きく変わるかというのがお分かり頂けるかと思います。で、考えたのですが、本当にこれで改稿を最後にするには生徒の設定をがっつり決めてから書き始めるべきかと。まだ未設定の生徒がかなり多いんですよ。

まず、やる気の生徒が少ないのでここいらを定めて、主要生徒の背景もハッキリさせる感じで(特に六道かなあ……)。それから不必要なエピソードや必要以上の絡みを減らして、基本的に会った最初で決着がつく感じで(若丸さんとこみたいなテンポって言えばいいのかな?)。主要同士でも多くても3、4回目で白黒つくようにシンプルにできればと。その分、その少ない遭遇で掘り下げていきたいですよね。真・最終改稿でまず見て頂きたいのは、やっぱり小島と伊東のシーンですね。ここをどう仕上げるかでこれからのスタイルが見えてくる、ここで見せるべきだと思ってるので。

で、ここからは本当にえらいネタバレです。それでも「ああ、作者さんてこういう部分まで考えてるのね」と、付き合って下さる方のみ、どうぞ^^;





- 真・最終改稿版ネタバレ関係 -

池内ってビルン病(大東亜では不治の病。米帝なら治せるほど医術発展している。久宝唯愛を苦しめた病気でもあります)で、それに絶望して家を出て、細川先生の家にかくまわれてて云々て設定あったけど、これ贅肉じゃないかな、と思ったり。細川先生も池内も早めに退場するんで、変に奇をてらった設定にするよりシンプルに仕上げるべきなんかな、と。池内は池内の中だけで完結するエピか、後々同じグループの飛田に影響を与える何かを残す形にするべきじゃないかと。

あ、それから開始前の退場者がいなくなると思います。つまりは佐伯が出発前に退場しないって事ですが。代わりに涼風と縁の深い”ある人”が佐伯の代わりに撃たれるようになるかと……。それが誰かは消去法的に”あっ、もしかして”と思われるかもですが^^;

千秋に関してですけど、更に思いきって”涼風を好き”云々すら消してしまったらどうかと。いっそ幼馴染にするなら三咲兄弟あたりのがいいのかな……と。あるいは榎本あたりを好きな設定にするか。とりあえず主人公周りの恋愛関係は涼風と桐山に焦点絞ってしまおうかと悩んでます。

あとはやっぱり前の改稿でも悩みましたけど第二話の千堂さんですね。この人の存在自体はこの後、そこまで大きな影響与えないんで。まあ、いずれ明智さんの回想には出るでしょうけど。いっそ筧と千堂に関係を作る的なものを考えてます。ここいらはもうかなり煮詰まってるので大丈夫かと。ただ、筧グループは伊達絡みの場所は大きく変わりそうな予感……まるまる書き直しかなあ、あの辺は……。

”かの方”に関しては初回改稿時に存在が現れてから全く変わってません。ていうか変えようがないしね……。ていうか”かの方”の正体とその存在理由、既に当てられてる方がいらっしゃるのが凄い^-^; この人がこの最終作のクライマックスを握るのは確かですが……?

女子主流派関係はここまでの話で最も長いエピソードですが、ここも練り直しになると思います。下手するとこのエピも全編書き直しかな(汗)? 犯人(カンタレラ=内なる毒)も必要によれば代わる可能性が……。みかど版灯台組という事で、最終作の代表作なエピソードにできれば、と序盤で一番力入れていければと思いますので宜しくお願いします>人<

というわけで最終作開始、もう少し御待ち頂けますと幸いです; 第二話をこのままいくかどうかって悩みがある関係で、ある程度まで進める事もできなくて;
[PR]
by wishstar1208 | 2011-10-26 04:48 | 檻鳩情報系
<< 真最終版更新のお知らせ 檻鳩元気宣言 -arlive-01 >>