見てわかる天使たちの国境 002

YCで連載されたBR公式外伝”天使たちの国境”が一記事2分前後でわかってしまうダイジェストシリーズ、第二回でっす! 更新が楽なので助かりますw

前回までのあらすじ:
谷沢が見張り中の内海に珈琲を差し入れにいくとこまで。途中、自分が同性愛者である事をカミングアウト。これはもう戦争だ!

修学旅行に向かったはずのあたしたち城岩中学3年B組42人がバスの中で眠らされて、見知らぬこの島の分校で目覚めたのが昨日午前一時ごろのこと――もう24時間以上経っている。

坂持「はーい、皆さん。よく眠れましたか~?」

c0092143_19481940.jpg
坂持「はいはい、お静かに~。じゃあ説明しま~す」

教室には坂持という得体の知れない男がいて、あたしたちに「プログラム」の開始を告げた。

c0092143_19482918.jpg
坂持「今日はみなさんに殺し合いをしてもらいまーす。やったね(はぁと)。最後まで残った人はおうちに帰れるよ~」

「プログラム」――それはあたしたちが暮らしているこの国、大東亜共和国が毎年行っている軍事実験だ。中学三年生の学級ひとつが無作為に選び出され、クラスメイト同士、たった一つの生き残りの椅子をかけて殺し合う。

何の実験なのかは今でもよくわからないが、あたしも物心ついた頃には「これ」の事を知っていた。――だが。

c0092143_19483518.jpg
自分が選ばれるなんて思ってもみなかった。

きっとみんな同じだろう。交通事故や重い病気と同じだ。「何で自分が?」

もちろん冗談ではなかった。冗談では死体を用意しない。

c0092143_19484294.jpg
担任の林田先生はあたしたちを守ろうとしたのだという。そして指示に逆らった生徒二人――国信慶時と藤吉文世はその場で殺されたのだ。

谷沢「ねぇこれ、マシンガンていうのかな。重いよね~」
内海「そうね」
谷沢「あたしさー、結構ばかばかしい気がしてるんだけど。今でも、こういうの自分が持ってるのって」
内海「……そうね。でも……」

c0092143_19484844.jpg
内海「これが無かったらあたしたち会えなかったかもしれないよ? あたしが引き返したのも、これがあればなんとかなるって思ったからだもの」

実験が始まり、あたしたちは出席番号順に一人ずつ分校を出た。島の人たちは政府が島外に退避させたのだという。

あたしもわけのわからないまま静まり返った夜の中を走り出して――だが、その時、あたしを呼ぶ声が聞こえたのだ。

内海「はるか、はるか!」
谷沢「ひっ!」
内海「はるか、こっち! はるか!」

繰り返すが、ルール上、クラスメイトはすべて敵だ。

c0092143_1949457.jpg
だがあたしと幸枝は小学校の頃からもう長いことバレーボールを続けていて、セッターとアタッカーのコンビを組んでいる。一番の友達であり、そして、あたしにとっては今やそれだけではない――

谷沢「幸枝……幸枝っ 幸枝っ 幸枝……っ 幸……(何かの看板に躓く)」
内海「危ない、はるか!」

c0092143_19491151.jpg
内海「もー、はるかってば重ーい! 体格差考えてよ、体格差!」

c0092143_19491985.jpg
谷沢「幸枝……っ。良かった……良かった。良かったぁ……!」
内海「うん……」

とにかくあたしに幸枝を疑う理由は無かった。幸枝があたしを殺そうとするわけがない……! そして幸枝もそう思ってくれていた。そのことがとても……。

幸枝「……――……ねえ、はるか……?」
谷沢「あ……ごめん、幸枝……!」

c0092143_19492493.jpg
出発前、あたしたちには武器と食料が配られた。あたしの武器はトンカチだったのだが、幸枝のそれは拳銃で――

谷沢「幸枝……? 幸……!」 
内海「戻ろう、はるか!」
谷沢「――え?」
内海「分校の前まで戻るのよ! この銃があれば安心でしょ? ほら! これ読んどいて!」
谷沢「……あ……(ビックリした……)」
内海「それでみんなに声を掛けるのよ!」
谷沢「み……みんな? みんなって!?」
内海「とにかくみんなでどうしたらいいか考えたいの!」

c0092143_19493245.jpg
内海「ほら! 立って! 行くよはるか!」
谷沢「……」

というわけで003に続きまする。
[PR]
by wishstar1208 | 2011-11-02 00:05 | 天使たちの国境
<< 見てわかる天使たちの国境 003 真最終改稿版、試合開始編まで終... >>