ラスメ政府を振り返る パート4

はい、ラスメ政府サイド御紹介シリーズで御座います。最終回の今回は若紫文庫様投稿作二作目、”Body&Soul”と、お笑い系バトとなりましたBOX ROYALEの本部面子の紹介になります。

c0092143_7191875.jpg
それでは、政府紹介ラスト記事、どうぞ~。

Body&Soul(若紫文庫様投稿作品二作目):全54話

c0092143_973661.jpg
教官:和田 夏子(わだ なつこ)
モデル:和田 アキ子さん
武器:フライパン
退場話:最終話時点で生存?

フライパンで生徒を殴り殺す豪腕教官。志摩に勝るとも劣らない姉後肌で、羽振りが良いものの酒乱なのでなかなか呑みに付き合ってくれる人間がいない。教官としての仕事は比較的まともに行っている。最終回時点では教官を辞めており、桃園愛里の墓の前で雷に打たれた事で愛里と心が入れ替わり、墓の中へ? その体は愛里の心を持って生き続けている。

教官補佐:コモリ(こもり)
モデル:タモリさん
武器:不明
退場話:54話(死んだ事が告げられている)

夏子の事を『ナッコ』と馴れ馴れしく呼ぶ。その正体は夏子の元上司。気さくで話し上手で、今も私生活では夏子の良い相談役として年上らしく面倒をみている。理由は不明だが2003年時点では夏子の口から死亡が確認されている。

c0092143_974337.jpg
兵士隊長:鳥田 紳助(とりた しんすけ)
モデル:島田 紳助さん
退場話:54話(死んだ事が告げられている)

兵士の隊長を務めるものの、阿門、吽門のほうが働きが良いと夏子には判断されているようだ。コモリと並んで明るく話し上手。良いトリオとして政府では知られている。コモリと同じく2003年時点での死亡が夏子の口から告げられている。

兵士隊長:阿門、吽門(あもん、うんもん)
モデル:ライガ、フウガ
退場話:最終回終了時点で生存?

屈強な体躯の双子の兵士。働きは鳥田より上らしい。しかし非常にその活躍は地味。最終回では生死が告げられていないものの、コモリと島田と一緒に死亡している可能性が高い。


BOX ROYALE(本サイト四作目):全20話

c0092143_975134.jpg
教官:逸見 元弥(いつみ もとや)
モデル:和泉 元彌さん
武器:空中元弥チョップ
退場話:最終回終了時点で生存

箱バト担当教官。着物を着て現れるというネタバトならではの奇人ぶりを如何なく発揮。口調も歌舞伎のような口調で独特。母親にべったりらしいが何せ全20話なのでそこいらの設定は描写されていない。

教官補佐:SETSUKO(せつこ)
モデル:和泉 節子さん
武器:不明
退場話:最終回終了時点で生存

元弥の実母にして補佐役。元弥が教官をしている事にも関係しているようだが詳細は不明。見た目に反して(?)物腰は柔らかく、政府での評判も良いらしい。むしろ息子の奇行に内心頭を抱えているのではないかと言われている。

c0092143_98019.jpg
兵士隊長:ゲイザーラモン住吉(げいざーらもんすみよし)
モデル:レーザーラモンHGさん
武器:フォー
退場話:最終回終了時点で生存

兵士隊長、ながら自ら政府をアクティブに拉致したりとカットばしている。山原兵士の暴挙に頭を抱えている苦労人。アンディ一派がいなければ変態政府キャラ一位の座は揺るがなかったに違いない。

兵士:山原 美代子(やまはら みよこ)
モデル:和泉 節子さん
武器:布団叩き型スタンガン
退場話:最終回終了時点で生存

ふくよかな体格をした騒がしいおばさん。時折奇声を上げる上に、言葉が通じない時がある。普段は優しいおばさんらしい。最終回では優勝者である市川千穂の賞金を奪って疾走。そのお金は準優勝者の白石聖弥の手に渡った線が濃厚だが二人の関係は不明。

というわけで四回に渡ってお送りしました政府キャラ紹介はこれで終了です。やっぱり敵側もキャラ立ちしてるとより楽しめると思うんですよね。是非、主要キャラに劣らぬ動かし方をされてみて下さりませ! それでは最後まで御覧頂き有難う御座いました!
[PR]
by wishstar1208 | 2011-12-21 20:49 | 檻鳩情報系
<< 今年もあと一週間をきりました! 中盤戦開始致しました! >>