オリバトの森 06/09/21

コアラのマーチならば太眉コアラ、ピノならばハートピノ。そしておっとっとでもハートおっとっと。プレミアパーツ、ありますよね。
c0092143_801658.jpg
今朝の事ですが、何気なく中身探ってたら発見しました。一週間に3回は食べる、脂肪少なめお菓子おっとっと。塩系菓子では大好物度ナンバーワンですが、初めて遭遇した!
ていうか本当に存在したんだこれ! 何か嬉しい!
嬉しい余韻で再び袋に手ぇ突っ込んだら、もう一個出てきた! 何この前触れなき安売り!?

もしかして神があの不幸との帳尻を合わせたのか?
c0092143_831219.jpg
↑アレ。ちょっと帳尻合わないけど、これ(汗)!
不幸と言えば突如消失したカウンター。新たなカウンター探しが難航してます。メール送ったのに戻ってこなかったり、特殊な条件(一日500ヒット越えると駄目、とか)があったり、まあ、最大の理由は気に入ったカウンターデザインが少ないという事なのですが……。
もう少し、もう少しお待ち下さいませッ!

今日は早速オリバト系ニュース。

まずは大手古参サイトバトル×2様の三作目、一欠けらの狂気。年代的には過去に遡りまして、人数も少人数。土地柄もあったり、会場が生徒達の地元という事もあって独特の雰囲気のある当作品。題名が主人公の鍵を握っており、その重要性が窺えます。
今作も生徒達の設定がしっかり作られており、対話などでのやり取りの時点で既に戦いが始まっている感がひしひしと伝わってきます。
心と体のぶつかり合い、生き残るのは誰なのか。
ちなみに教官がうちの四作目とご親戚です(笑)。

もいっちょ。徘徊行路様の改稿版バトルロワイアルぺティーも夏場の快進撃一段落でお話が一気に進んでおります。
改稿前とは変化した展開も多く、サイト作品となり、1シーン1シーンが以前よりもじっくりと書き込まれています。個性豊かな生徒達の関係図も把握し易く、絡み合う糸はどれも導かれるべきところへと。友情、因縁。絆が織り成す人間ドラマのオーケストラ。
残り約半数。過酷なプログラムは依然継続中です。

それではお休み中のニュースPart3。
さ、先が長いなあ(汗)。

4/10 もうひとつのバトルロワイアル完結

foolish novel様で連載された、通称ホテルバト。174話に渡る長編でしたが、かなりの短期間で完結されました。
本編をご存知の方は「↓の人、どっち?」と思われたかもしれません。後まで残ったほうの方です(笑)。
c0092143_9192699.jpg
全体的に見て不良グループがかなり幅をきかせていた印象のあるクラスです。どちらかと言えばこれまで接触のなかった人同士がプログラムで共闘するケースが多かった記憶があります。
ホテルバトと自分は呼んでますが、会場となった建設中ビルがホテルかどうかは明かされてなかったりします。このバトの特色として、建物内という事を利用した密閉感の中のプレッシャーが挙げられます。広い島を舞台とするよりも、こちらのほうが常に強い緊張を伴い、生徒としては災難極まりないでしょう(苦笑)。
ドアを開けた向こうに……。曲がり角の先に……。階段の踊り場では下と上……。お手洗いでは個室や入口。これほど移動に精神力と覚悟をようするシチュもそうそうありませんね。そして更に緊張を増す工夫でしょうか、上記でも書いた普段接しない人との共闘という事で、常に心の中では探り合いが行われております。この片方のサイドに立って、視点者と一緒に相手の本音を読むという面白さも当作品の特色ではないかと思います。
頼れる仲間となるか、裏切りが待っているのか。各コンビの結末は本編にてお確かめ下さいませ。ちなみに三村郁美嬢も参戦しております。
執筆者でありサイト管理人でもあるfoolさん、現在は同サイトにて一次創作ハイブリッドを執筆中です。foolさんの作風に惹かれた方、こちらも是非。

次回は7/15付。この日は2サイト同時に完結しておりますが、先ずは想い出の終わり方(あいまいみい様)完結特集で御座います。

[PR]
by wishstar1208 | 2006-09-21 08:43 | 檻鳩情報系
<< オリバトの森 06/09/26 見たら絶対答えないといけません... >>