オリバトの森 06/11/13

最近周囲の作家さんで18禁書きたいって方が多いのですけど、そういう季節なのかな(汗)。それもまた、ええ。
c0092143_313456.jpg
18禁と言えば、先日の山梨県行脚の土産物屋にて発見したこれ。いかにもレトロな感じの替え歌集(メモ帳大)で、2、30年前にヒットした曲やら童謡、民謡が助平極まりない歌詞に変えられてました。
ていうか歌詞に『××××』とか使われてたりします。これじゃ歌詞わかんないでしょ(まあ前後からの脈絡で推測できるが)! 掲載できないくらいアレな歌詞なら作るなよ!

本日のご紹介。まずは小説出品関係から。
RENZOKU系作品聖(RENZOKU第38号)の更新も相変わらず好調のガルナさん、冬のコミックマーケット(in有明)にブース確保、サイトで公開中の連動シリーズを書籍化、出品されるそうです。おめでとうございます!
連動はいわゆるペアバトル形式の少人数プログラムで、一捻りされた結末は今ではかなり有名ではないでしょうか。続く連動2は更に工夫された展開、かつぞっとさせる幕引きが印象的な一作です。アンソロジー作品黒衣の少年もこの辺のイメージが活かされていたのかも。
これから出版までの過程も一苦労かと思われますが、何卒無事に完成、販売となります事を願いつつ、応援させて頂きます。年末はコミケがアツそうですね。

更に更新関係参りましょう。停滞から回復致しまして、驚愕の三日連続更新を炸裂させました華葬(桜花爛漫様)さんの気合の程がこれでもかと窺えます。
ちなみに第26話から中盤戦突入致しまして、いよいよ各主要キャラのスタンスが見えてきた頃です。特におさらい及び伏線としても重要なものを秘めていそうな序盤ラスト、25話は要チェックかと思われます。もっとも、今回の3話全て重要なシーン揃いのような。
益々目が離せなくなって参りましたゼ。

上記の38号”聖”及び0号国森中学校三年三組編、25号Memento moriなどRENZOKU関係鋭意更新中。今回は何気に安定した更新を続けられている密かな重鎮、2号I am ...?(クレズ様)をPIC UPしてみたり。
珍しく男女の人数差が大きいバトだったりしますが、それ以上に特徴的なのが、一つの話で複数視点用意されている事がある点。加害者側と被害者側だったり、あるいは共同戦線生徒の各視点などなど。
全体的な雰囲気としましては、生徒同士の繋がりもしくは因縁などが深く、単なるデスゲームとはならず見応えのあるドラマ的なシナリオが演出されております。
間もなく折り返し。今後も楽しみな感じです。

それでは久しぶり、休止中の完結作品紹介。
8/02 Existence Price』(希望と闘争様)完結

c0092143_23385610.jpg
す、すみません(汗)。久しぶりな上に色々と実験的なものしてたら、おかしくなってしまいました。
希望と闘争様の二作目となる当作品。全体的な筋としては原作ロワに極めて近い感じです。目立つ、異なる点を挙げますと、グループ行動が多いところでしょうか。発狂生徒は比較的多めながら、そうでない冷静な生徒は基本的にゲームに乗る意志はなく、それを三大ジェノがかき回すというイメージ。中身的にはじっくりと書かれてまして、ボリューム感もあり。恋愛模様が多めに描かれているかな、という印象です。外見描写がほとんどなく、その部分での生徒達のイメージが掴めない点はかなり勿体無い部分かも。これがあると想像力もかきたてられ、更に楽しめる気がします。
上で三大ジェノという呼び名で括らせて頂いた三人(読んで頂けると誰かおわかり頂けるはず)は、設定など力の入れ具合が特に強い印象で、主人公に負けず劣らずの存在感を放ってます。それぞれに目的、信念に大きな違いがあり、この対比も見所の一つではないでしょうか。
個人的にお気に入りなのは飛田幹男君絡みの四人の一連の話だったりしますが、後半目まぐるしく動きを見せる主人公グループの動向も面白い展開となっております。
現在は三作目End And Startが進行中ですが、更なる進歩を遂げましたこちらの作品も注目です。

次回は休止中サイトご紹介のラスト、08/04剛い男、毅い女(ガルナの塔様)のレビューで御座います。

[PR]
by wishstar1208 | 2006-11-13 17:57 | 檻鳩情報系
<< オリバトの森 06/11/19 オリバトの森 06/11/09 >>