オリバトの森 07/03/04

何かと/き/め/き(同僚)が一部でチェックされてるようなので、先日の会話などを載せてみたり。
俺「カルピス氷ってどうかな? 原液かけんの。氷が溶けてもカルピスウォーター」
と「そのまんまじゃないですか」
俺「じゃあさ、体に優しい無色糖分カットのシロップとか。名前はクリアフルーツだな。どうよこれ、ブーム起こすべ?」
と「ブームじゃなくて病気起こしそうですよね」
その素っ気無さがと/き/め/きIZM!
c0092143_16232815.jpg
そんな流れで綺麗なアッパーのフォームに関して追求し合っていると、機械に接触して指がコレモン。ボーナス出なくても真面目に仕事して下さい俺。

c0092143_16204054.jpg
世間が雛祭りでテンションageageの中(ねえよ)、こちらは茨城にごく近い千葉北東部に訪れてました。天王台って場所なんですけど、古き良き横浜の香りがぷんぷんしました。東北寄りの関東ってこういう場所多いよなあ。

c0092143_16255623.jpg
あ、金曜はすきしゃぶチェーンの温野菜さんにも訪れました。清潔感あって店員も教育が行き届き、更に野菜バイキングコーナーの見栄えの良さと言ったら! こりゃ客付きも良いわけだ。
c0092143_16272430.jpg
鍋はこんな感じで二種類選べます。すきしゃぶと昆布だしにすればすき焼きとしゃぶしゃぶを両方堪能してるのと一緒。
デザートのアロエは、よくもまああんな葉っぱを見事にデザートに出来たなと感心。これまでの人生で食ったアロエ系食品の中でピカイチでしたわ。近場にあったら皆様も是非一度はどうぞ。……まあ、鍋なんで食べ放題にするとすぐに飽きますが(汗)。

まずは自分が絡んでる執筆関係から。

若紫文庫様にて連載中のBody&Soul、今回更新では前回の原稿落としを挽回すべく二話更新してみました。脱出作戦組の謎作戦の一部分が垣間見える話と、ダークヒロインVS主人公の激突が収録されております。
同じく更新されました仮面演舞では、物語の鍵を握る仮面女子の正体に迫りつつある段階。また狂詩曲は本編に絡めているBR2のテイストが濃く漂う一連の流れとなっております。

そして毒人間の館様のスレッド掲示板内にてラッキーさんと共にリレー連載中の鮫狩島プログラム(通称毒リレー)、いよいよフィニッシュ突入で終局を告げる鐘が鳴り始めております。朽ちゆく島、極まりつつある殺意。鐘が止んだ時、なおも大地を踏みしめている生徒は誰なのか?

今回は古豪サイトさんの更新情報が中心です。

まずは赤色少年(RENZOKU第1号/サイト名同)、約二年半ぶりの更新。今回は主役二人が絡むお話となっており、久しぶりの拝読となる読者さんにも以前の流れを掴み易い再開場所となっております。読み込ませる描写が生み出す臨場感は正に執筆の見本市。強力な作家様が復活して参りました。なお、親切かつ把握し易いコンテンツの数々も改めて必見です。飴玉KOROKORO(どういう煽りやねん俺)!

続きましては相互リンクサイトRED MEMORY様の超大人数バトHalfがこちらもお待ちかねの更新。全112話が折り返しに向かって参りました。人数が多いながら設定付けは見事で、今回の最新話からも二人の名前、主人公を意識させるジェノ達の趣向、また出席番号など読み込むほど味が出る深い作りになってます。逃げ場のない戦いはなおもペースを上げて生徒達を絶望の渦に巻き込んでいきそうです。

更にオリバト名変更かつ更新情報。渇きゆく(Blackjoker様)愁眠に変更。読みは諺で御馴染み”しゅんみん”ですが、意味は~確か『何かが気になって深く入れない眠り』じゃなかったかな? 違ったらすんません。最新話はオリバトらしさを凝縮し、更にBjテイスト満点の物悲しさもミックスした心揺るがす出来となっております。いよいよ物語は第二幕へ。訴えるような心の叫びはいつ止むのか?

こちらはサイト大幅改装、何とサイト自体をBlogにしてしまいましたなお話。BLADE's work space様、驚愕の模様替えです。カテゴリを通じて日記とオリバトが同時に選べるようになっており、オリバトのほうは目次に最初の一文がずらっと並んでお目当ての話が探し易くなりました。二作目のThe Last Winnerは暫くお休みでしたが、今年中の完結を目標に再始動される御様子。また一つ強力作品復活!

ではでは本日はコレニーチェ!

[PR]
by wishstar1208 | 2007-03-04 16:16 | 檻鳩情報系
<< オリバトの森 07/03/07 オリバトの森 07/02/27 >>