オリバトの森 07/03/18

横浜弁と言えば『じゃん』。『全国で使うじゃん』と思うかもしれませんが、横浜の人は確かに使用頻度が比較して明らかに高い! と思ったその日がサラダ記念日。
c0092143_2246211.jpg
と言うわけで昨夜~今朝は作家さん関連の飲み会にGOしてきました。昼はスポニチさん関連のイベントに出てまして、そこで気合入れ過ぎたのが大きいんだか、昨夜は半死状態。本当に眠いと駄目駄目だな、この人(汗)。
c0092143_2249971.jpg
二次会の最中、突如個室の壁の一つが取っ払われて『はっぴばーすでぃー』と店員達が大合唱。花火の飾りが付いたムース盛り合わせみたいのが卓上に出現します。 (神納)せんぱいが某方(土壇場で風邪欠席)の誕生日用に用意していた趣向ですが……KENて誰? 迸る店のミス。

さてニュース。

本日はこんなニュースなど取り上げてみたり。中国って国の恐ろしさが垣間見える一ニュースです。
【立退を拒む家の周りを9m掘り下げ陸の孤島に】
おいおいおいおい、何だよこの画像! 無茶苦茶だなオイ! 常識知らずにも限度がある。これで家の外に出たら不法侵入になるのかな?

今日は疲労が濃いので早速バトニュース。
ああやべぇ、起きて6時間なのにもう眠い。

apcリレーオリバト企画、三年七ヶ月の時を経て遂に完結! 丁度100話というキリの良さで御座います。そしてこれが初のapc完結企画(ちなみに初完結”作品”はConsecutive program=RENZOKU11号です)!

他企画はRENZOKUが比較的新しい参加者様を筆頭に活発に動かれてますよね。中盤終盤進行中の古参参加者様の奮起も期待しつつ見守らせて頂いております。
一方、大詰めも大詰めで停滞中のジェノサイダー頂上決戦(通称ジェノリレー)。ここも一気に決着を着けたいところですが。やっぱり本部がああいう事になると書き辛いのかな。及び腰になる段階ではありませんし、思い切って駆け抜ける展開もありではないかと思いますが。
オリバト作者プログラムはどうなんだろう……。名簿を眺めても、この手のバトは本当に短期間決着系企画なんだなと改めて実感する次第で。放置するのは惜しいし、仕切り直すかしたほうが好ましい気も。

んでもって最近(てかリレバト以降)新企画がないわけですが、やるなら短期で決着着けられる企画が理想でしょうね。来月辺りから今年の話題の主軸をさらいそうな作品が連続して登場してきそうですし、ここいらに重ねて何かしら発動すると面白いんですけどね。

今回のニュースでも区切り展開続出DEATH!

その更新速度は目を瞠るばかり。強さと弱さ(そんな気分で雑草魂様)最終戦直前です。残るは6話、今月中に優勝者決定か? 中盤最後からの流れは正に怒涛、主要生徒同士の激突で締められました。生徒的には主要とそれ以外がキッパリ分けられている印象があり、明確な軸を持って読み進められる一作。とは言え主要以外では個性派が多く、作品の脇を固める役割を果たしています。ここいらのキャラがもう少し出番多いと更に面白かったかも。待て次号(?)!

華葬(BIRDMAN様)、中盤戦終了! こちらも先月よりは穏やかに、しかし内容の濃い更新をされております。中盤から突如頭角を現してきた保科さんがとにかくカッコイイ。クールで年配口調な名言メーカー。『生家こそが人生最大のギャンブル』とか言っちゃうし。彼女の執念は実を結ぶのか? 一方、ここまでの展開は比較的危険度低めに進行中の主人公&ご友人。終盤は激戦が予想されるだけに、読者としては心配であり楽しみであり? 未登場生徒達にも注目です。

ナイスGUY、キティGUYがWebを騒がせている中、オリバトでGUYと言えばコイネGUY=希い(@様)です。珍しい沖縄バトとして有名なこちら、改稿で益々黒さと深さを増すユウカ教官の前に、遂に退場者が……? 今回の改稿で文章、キャラ、展開と総合的に更なる向上が見受けられます。若林君や山名さんという問答無用のカリスマキャラは勿論、緒方君や葛西さんらも魅力upで読者の胸に迫ります。各々のエピを楽しみつつ読み進めるならこちらか。

本日は前半やら長いのでここいらで。
次回は更にビッグニュースが降臨しそうな予感?
しばらくはニュースネタ事欠かなそうだな。

[PR]
by wishstar1208 | 2007-03-18 00:31 | 檻鳩情報系
<< オリバトの森 07/03/20 オリバトの森 07/03/11 >>